会社に利益をもたらす人材採用者になれる方法

会社にとって優秀な人材を確保することは、業績に深く関わる非常に大切な事項になります。それだけに、各会社では短期、中期、長期に分けて採用管理について対策を講じていますが、労働市場は少子高齢化や数年間続いた不況による大規模なリストラの余波を受け、とても厳しいものになっています。こういった状況において、人材採用者に求められるスキルは年々、大きくなっており、各企業においては社内研修や専門機関が実施するセミナーに担当者を派遣する等、様々な企業努力を行っているところです。しかしながら、誰もが採用担当になれるわけではなく、向いている人、向いていない人がいるのも事実です。そこで、会社に利益をもたらす人材採用者になるために必要なスキルや考え方について紹介します。

社内の要員事情に精通するためのスキル

有益な人材とは画一的なものでなく、業種や職種、現在の欠員状況により異なるものです。例えば、同じ営業職でも法人がクライアントの職場もあれば、個人がクライアントの職場もあります。また、年齢層においても、若年層が極端に不足している職場では、経験よりも年齢ややる気を重視しなくてはなりません。会社に利益をもたらす人材採用者は、こういった社内状況について敏感でなければなりません。各社において採用管理にかかる長期的な方針は作成されているものですが、そこに固執すると、本当に現場が欲しいとしている人材を確保することができません。したがって、採用を担当する人は社内の各部署とのコミュニケーションに長けた人でないと務まらないのです。デスクにずっと座っているのではなく、社内を歩き回り、いろいろな人と話をして社内の要員事情にかかる情報を収集できる人こそ、向いていると言えるのです。

適材適所に人材を配置するために必要なスキル

かつて、採用担当者と言えば、長く人事部門に在籍した、いわゆる重鎮と言われる社員が務めるのが常でした。ところが、最近では、採用部門に未経験者や中途採用の社員を配置する会社が増えています。かつて、労働市場が潤っていた時代には、「社員にしてやる」「入社させてやる」といった高飛車な対応も許されていました。また、採用事務には高い事務能力が必要でしたから、採用担当者は社内でも一目置かれる存在でした。しかしながら、現代においてそのような採用担当者は、採用業務おいて弊害にしかなりません。現代は、求人広告を出しても応募者の確保にすら苦労している状況ですから、柔軟な発想は基より、謙虚な姿勢を持ち合わせ、人の悪い部分だけを指摘するのではなく、良い部分を見抜く眼力を持ち合わせていなければ、限りある人材を採用し、適材適所に配置することはできません。こういった人の特徴としては、人の話を良く聞くことがあげられます。自分の考えだけを押し通すだけではなく、人の話を良く聞き、瞬時に要点を把握できるスキルを持ち合わせた人こそ、会社に利益をもたらす人材採用者に向いている人なのです。