人材採用担当者が教える成功例と失敗例

人材採用担当者において、自身が面接を担当した社員が入社後、活躍すると本当に嬉しく感じるものですが、反対に活躍できず結果的に退社した場合は、担当者としての責任を感じてしまうものです。今後、高齢少子化が進んでいく中で、新規採用だけでなく中途採用や高齢者の雇用など、採用担当者に係る責任はますます大きくなります。さて、社員を雇用する場合、ほとんどの会社で面接試験を行います。面接試験は、個人で行う場合とグループで行う場合がありますが、どちらも短時間で有益な人材であるか否かを判断しなくてはなりませんから、面接担当者の高いいスキルが求められるとともに、会社としての採用方針が問われることになります。そこで、面接試験で担当者が失敗しないために、人材採用担当者が教える成功例と失敗例について紹介します。

人材採用担当者が教える失敗例について

中途採用において、失敗しやすいのが経歴にかかる質問の詰めが甘くなることです。というのも、中途採用に応募をしてくる多くの人が、他の会社で働いていた経験がありますが、どういった理由で退職に至ったのかは、明確にしておく必要がありますが、ついつい聞きづらくて表面的なやり取りで終わらせることが少なくありません。しかしながら、業績不振で解雇されたり、社内で問題を起こした人が面接を受けている可能性もあります。実際にあった事例として、雇用した社員が前者では極度の業績不振のため、自主退職したことを知らずに雇用したため、要員不足は解消されたものの、全く業績が上がらなかったため解雇したところ、不当解雇として訴訟を起こされ、多大な損害につながった例があります。これは、極端な例ではありますが、実際にどの会社でも起こり得る事例なのです。

人材採用担当者が教える成功例について

中途採用において成功する例として多いのが、前職の経験を活かして適材適所に配置することです。この場合、面接の段階だけでなく、募集の段階でしっかりと仕掛けがしてあります。実際にあった事例として、その会社では法人担当の営業社員が必要だったのですが、求人募集広告において、法人担当であること、1日当たりの訪問件数、経験者を優遇すること、研修システムなどを詳細に記載したことにより、応募人数は少なかったものの、仕事内容をしっかりと把握した意識の高い応募者を集めることができました。さらに面接担当者にマニュアルを配布し、質問事項を徹底させたことにより、前職の退職理由を明確にすることも忘れませんでした。その会社に慣れるまでに、少し時間は要したものの、今では営業部門の中心として活躍しています。これこそ、募集から採用まで一貫した採用方針を確立したことによって、成功した好事例だと言えます。