人材採用担当に向いている人と向いていない人

会社の人事部門において、近年、注目を集めているのが人材採用担当者です。少子高齢化により、労働人口が減少し、さらにゆとり世代の余波を受け、有益な人材を確保することが非常に難しい現状において、採用担当者の経験やスキルが非常に大切になってきます。また、一旦採用してしまうと、正社員であれ、非正規社員であれ、解雇することは、よっぽどの理由がない限り不可能であり、不当解雇として訴えられることさえあります。そこで、各会社においては、まず、採用担当者の育成に力を注いでいます。しかしながら、誰もが採用を担当する部署に向いているという訳ではなく、向いている人も向いていない人もいます。そこで、各会社とも、採用担当者に向いている人を見極め、育成することによって、会社にとって有益な人材を確保しようとしているのです。

人材採用担当に向いていない人とは

これまで会社の人事部門と言えば、社内での経験が豊富で、特に人事関係に長く務める人が集まり、中でも採用担当者はいわゆる「重鎮」が務めるものとされてきました。しかしながら、昔ながらの採用担当者の中には「雇用してやる」といった旧態依然とした考え方を持っている人も多く、現代の労働市場にはマッチしません。また、発想が乏しく保守的な人も採用担当者には向きません。これまで、有益な人材は全ての分野に秀でている人だとされてきましたが、これからは一芸に秀でたスキルを持つ人材も重要となってきます。例えば、営業職は無理でもパソコンの技術は長けているなど、他社とのコミュニケーションは苦手であっても、一つの事を突き詰めていく才能は、会社にとっても大切な才能となります。ですから、人材担当者も慣例にとらわれず、多角的に人を見ることが大切なのです。

人材採用担当に向いている人とは

採用担当者に最も求められるスキルは、偏見なく「人を見る目」になります。それも、現在の姿ではなく、その人の5年先、10年先の姿を見ることができる人こそ、採用担当者に向いている人と言えます。また、自社に必要な人材、もっと詳しく言えば、社内の各部署にどういった人材が必要であるのかが理解できる人でなければなりません。プロ野球の補強を見てもわかるように、いくら万能な選手を獲ってきても優勝はできません。適材適所に必要な人材を確保することこそがチームを強くすることであり、会社においても同じことです。したがって、人事部門は会社の中でもやや閉鎖的な側面がありましたが、今後、特に人材採用者においては、社内の情報通であることが求められますし、他者とのコミュニケーション能力に秀でている人が向いていると言えるのです。

人材紹介会社との情報のやりとりの手間が省けます。 電話でのお問い合わせを受け付けいます。 他社からの切り替えを検討の会社様も一度問い合わせください。 複数の応募者へ一斉にメッセージを送ることもできますので、事務処理の時間を有効活用することができます。 面接から採用までをいかにスムーズに行うかがいい人材採用の鍵です! 当社の東京都中央区日本橋にございます。 600社以上の導入実績がございます。 人材採用管理システムは【リクログ】をご活用下さい!